犬の肝臓と腸の役目

Posted in 犬と暮らす糧 on 4月 25th, 2011

犬の肝臓は驚くほど多くの機能をもつ、非常に重要で複雑な臓器です。

たんぱく質の生成もそうした機能のひとつです。タンパク質は、たとえば血液を凝固させるなど、多彩な活動に必要な物質です。

肝臓には糖も蓄えられており、食餌と食餌の間にエネノレギーを供給します。また、肝臓は、経口的に、あるいは別の経路で体内に入るさまざまな物質医薬品、毒素、化学物質などの代謝や解毒も行っていて、そうした代謝産物は胆汁や尿に含まれて体外に排出されます。

小腸の先を大腸といい、ここでは、主に吸収が行われます。食物中の水分の多くが大腸で吸収されます。いらないものは先へ送られ、直腸と肛門を通って体外に出されます。

チワワの飼い方・育て方・しつけ方を解説!


This post is under “犬と暮らす糧” and has no respond so far.
If you enjoy this article, make sure you subscribe to my RSS Feed.