アフィリエイト用ホームページの役割

Posted in アフィリエイトサイト作りの糧 on 1月 12th, 2014

アフィリエイト用ホームページの役割とはなんでしょうか?

「こういう商品は、どこで手に入るの?」・・マイナーなショップ、近所には売られていない希少な商品を売るショップを、それを求めているひとと引き合わせるもの、です。

あるホームページではスパイスを使ったレシピや、料理用ハープの育て方を紹介しているため、それらの食材や苗がどこで手に入るのかとたずねられるそうです。

ある人が近所で買っているものでも、相手の住む地域によっては身近では手に入りません。そこで、ホームページを見るひとが求めるであろう商品を紹介するのです。

ふつうはリンクはトップページヘと張ります。でもショップのトップページからでは、ほしい商品が見つけにくいこともしばしばです。アフィリエイト用リンクなら商品に直接リンクできることも多いので、商品を求めているひとにとってははるかに便利です。

アフィリエイトのシステムはショップ、お客さん、アフィリエイター、みんなにメリットをもたらすシステムです。

メルマガアフィリエイト【GrowRichプログラム】

アフィリエイト広告が上手くいかないときは、すぐに善後策を検討し、しばし様子を見るか、すぐに広告の差し替えやキーワードの入札額を上げるなどの対応を講じるかを決めることも必要です。

せっかく予算を使って広告を配信するのですから、希望する効果を得られるような緻密な作業が大切です。

ネット広告の最大の特徴の1つは、広告効果の測定が高精度で、場合によってはリアルタイムでできることです。

広告効果の測定方法には、「広告が露出した回数(インプレッション数)」、「露出した広告のうちクリックされた回数(クリック数)」、「クリックされた割合(クリック率:CTR)」、「1回のクリックにかかった広告費用(クリック単価:CPC)」、「広告をクリックしたことによるサイト訪問者が購買などを行なった割合(コンバージョン率:CVR)」などがあります。


This post is under “アフィリエイトサイト作りの糧” and has no respond so far.
If you enjoy this article, make sure you subscribe to my RSS Feed.