視力回復法で目に優しい色と目が疲れる色

Posted in 視力向上法の糧 on 8月 7th, 2011

都会といえば、東京や大阪、名古屋などの大都市を指して「日本の都会は汚い」という批判をよく耳にします。また、長くヨーロッパに赴任していた人が日本に帰ってくると、必ずといってよいほど「日本の都会は疲れる」といいます。

その理由、おわかりになりますか。色、なのです。騒音も多少は関係するでしょう。日本はビルや家の屋根に使ってよいのはこの色とこの色・・という規制があるヨーロッパの町と違って、これといった規制はありません。

つまり色は使い放題、野放しです。特に都会では、広告塔、看板、ネオンをはじめビルの壁面、店のファサードなどあらゆる色が氾濫しています。

これが人の目や神経を疲れさせるのです。そして色の統一がなされていない点が、汚いと感じさせるのです。

とりわけ波長の長い赤や紫は目を疲れさせます。だからこそ波長が短く視力回復にやさしい緑が部屋の中にも必要なのです。黄色、クリーム色なども目にやさしい色です。

子供の視力低下と回復法


This post is under “視力向上法の糧” and has no respond so far.
If you enjoy this article, make sure you subscribe to my RSS Feed.