株取引で株価を分析する方法

Posted in 資産運用と投資の糧 on 8月 19th, 2011

「経済的な要因」や「経済以外の要因」は株式を発行している会社の業績に影響をあたえ、間接的に株価に影響をあたえるものです。

これに対し、直接的に株価に影響をあたえるものが市場の内部要因です。

この市場の内部要因としては、年金資金や投資信託の機関投資家の動向、株式持合いの解消、個人投資家の動向、外人投資家の動向、株式の売買規制の緩和、株式に係わる税制、企業の株式分割や増資、自己株式の消却などがあげられます。

自己株式の消却は発行済株式数が減少することで、株価の上昇要因となります。

最近、株価に大きく影響をあたえでいると思われるものに、「経済的な要因」として金融機関の不良債権の問題、景気の低迷、物価の下落など、「経済以外の要因」としてニューヨークのテロ事件など、そして「市場の内部要因」として株式持ち合い解消による株の売却など、株価に悪影響をあたえるものが目立ちます。

株価を分析するときには、それぞれの要因を分類しながら客観的に分析することが大切です。

株取引の方法を解説しているサイト


This post is under “資産運用と投資の糧” and has no respond so far.
If you enjoy this article, make sure you subscribe to my RSS Feed.