病気になることで「うつ病」を併発することがある

Posted in うつ病克服の糧 on 10月 20th, 2011

病気になることで、うつ病を併発することがあります。

たとえば、がんの告知を受けたときや、脳卒中の後遺症で半身麻蝉になったときには、大きなショクを受けるでしょう。

糖尿病で厳しい食事制限が必要になると、それを守ること自体がストレスを招きます。これらのショックやストレスが、うつ病を引き起こすのです。

脳内に起きた病変が、神経伝達物質の慟きに悪影響を与え、それによってうつ状態があらわれることもあります。

ほかの病気の治療薬が、うつ病の原因になることもあります。とくに注意すべきなのが、副腎皮質ホルモン剤やある種の降圧剤、精神病の薬、パーキンソン病の治療薬などです。

ほかの病気で薬を常用している人がうつ病になったら、薬が原因ではないか調べる必要があります。

うつ病の治し方


This post is under “うつ病克服の糧” and has no respond so far.
If you enjoy this article, make sure you subscribe to my RSS Feed.